Twilio Developer Meetup 2017に参加しました

こんにちは、@24guchiaです。
先日、タイトルのイベントに参加したのでそのレポートです。

全体的に

サーバレスについて語られていました。
TwilioのFunctionsはAWSで言うところのLambdaに似た機能です。

サーバレスの良いところ

何と言ってもサーバを管理する必要がない点です。
通常のサーバ運用だと、サーバセットアップしたり後、
継続的にセキュリティ対策するなどの継続的なコストがかかります。
それらをプロ中のプロがセットアップ済みメンテナンス込みで用意してくれるところが、
サーバレスの良いところです。

デメリット

デメリットになりうるのはサービスで用意してある設定で対応できない場合だと思います。
それは事前調査である程度は回避できるのではないでしょうか。
今回のミートアップでは上記のことを話されていましたが、
現状だとFunctionsでできることの少なさや、改善してほしいことが多く、
プロダクト採用には遠いかなというのが正直な感想です。

Functionsへの要望としては、バージョン管理、デプロイの機構、
外部パッケージの利用をかんたんにしてほしいというのがパッと思い浮かぶところです。

まだまだ課題は多いですが、サーバ管理もやる身としては、サーバ管理をする必要がなくなるなんて夢のある話です。
また、Functionsを利用することで、サービスが全てTwilio内で収まるため、
パケットロスが減らせるとのことです。
PDCAが回せるよう、Functionsで賄えることは少しずつ使えるようにしていきたいです。

初めてのLT

今回のイベントで初めてLTしました。
反省点はこんな感じ↓

  1. 文字が全般的に小さかった
  2. みんな座って聞いてるわけじゃなかった
  3. Wifiがなかったので、みんなにデモしてもらうことができなかった
  4. 色味が黒すぎた
  5. もう少しキャッチーな画像があったほうが良さそう
  6. プライマリディスプレイにもスライド出す必要あった

見た目的なことは次のLTで改善したい。
あと、どういう状況でLTするかの事前確認しないと行けないのと、
Twilioのミートアップだったから、電話番号出せたら面白い。
今回、ミラーリングしなかったのは普通に見づらくてしくったなって感じ。

ググってもググっても出てこないことばっかりやってるので
大変でもあり、前例がないことをやっていてやりがいがあるとも感じてます。
最近読んだ本で、どんなことでも積極的にシェアすることが重要とあったので、
引き続き懲りずにシェアしていきます。

最近読んだ本↓

スライドシェアにデモ部分削除して、アップしました。
こちらです

以上、ありがとうございました。

Please follow and like us: